スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こんなんではあかん! 

先週末の米国株式市場は、米大手銀行シティグループの08年1~3月期決算の赤字幅が、前四半期(07年10~12月)と比べて、大幅に縮小したことを好感し急反発。NYダウは1.81%アップ。

中国本土株市場は、当局が市場救済に乗り出したとの見方が広がり、上海総合指数は0.72%アップ。

香港株はアメリカ株、本土株の急反発を受けて大幅上昇。ハンセン指数は2.16%アップ、H株指数は2.68%アップ。

金ピカの持ち株は、 2899 紫金鉱業 3.25%ダウン。
あかんなぁ~・・・トホホ。


サーチナのニュースより。

中国証券監督管理委員会は20日、主要株主に対して、株式の売却を制限する「ロックアップ期間」が解除となった株式に対して、市場での売却を一部制限する新政策を発表した。
今後相次ぎ予定されている大型企業のロックアップ解除で、市場に広がる需給悪化懸念を緩和し、株式相場の混乱を避けるのが狙い。


このニュースで、当局が市場救済に乗り出したとの見方が広がったわけだが・・・確かに前場こそ買い進まれたが、後場にはもう上げ幅を縮小していることから見ても、このぐらいの救済策ではあかんということやなぁ~。
もっと、強烈な政策を発表してもらわんと・・・。
頼むでぇ~。

スポンサーサイト

[2008/04/21 19:10] 中国株 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2899.blog69.fc2.com/tb.php/443-3d0246ad












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。