スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

逆じゃないの? 

11日の米国株式市場は、FRBが2000億ドルの追加流動性供給策を発表したことで、金融株中心に全面高の展開となり、NYダウは3.55%アップ。

中国本土株は、2月のCPIの大幅な上昇で、追加的な金融引き締めへの警戒感から売られ、上海総合指数は2.29%ダウン。
香港株は、アメリカ株の大幅反発を材料に買い進まれ、ハンセン指数は1.85%アップ、H株指数は2.29%アップ。
金ピカの持ち株は、0656 復星国際 1.33%アップ、2628 中国人寿保険 3.50%アップ、2899 紫金鉱業 2.06%アップ。

えっ?H株指数、たったの2.29%アップ?
糞アメリカ株につられて、下げるときはえげつなく下げるくせに、騰がる時はこれだけ?
糞アメリカ株は3.55%アップしたというのに・・・。
最近思うのだが、下げる時は糞アメリカ株より大きく下げるくせに、騰がる時は糞アメリカ株よりも騰げ方が少なくない?
サブプライム問題の張本人は糞アメリカなのだから、本来は逆じゃないの?

何か納得できないなぁ~。
スポンサーサイト

[2008/03/12 18:45] 中国株 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2899.blog69.fc2.com/tb.php/421-27d59412












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。