スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1000ドル超えは時間の問題 

28日の米国株式市場は、バーナンキFRB議長が、住宅市場の低迷により、不動産に積極的に投資してきた中小金融機関が破綻する可能性があるとの見方を示したことから、金融株中心に売られ、NYダウは112ドル安と大幅反落。
これを受けて今日の香港株は、大型株を中心に利益確定売りが広がり、ハンセン指数は260P安、H株指数は108P安。
金ピカの持ち株は、0656 復星国際 1.15%アップ、2628 中国人寿保険 1.10%ダウン、2899 紫金鉱業 0.95%アップ。

なんか相変わらず、もたもたした相場が続くなぁ~。

本土株市場の方は、3月5日から開催される全人代において、株価対策として株式取引税の減税が提案されるのではという思惑から買われ、上海総合指数は1.14%アップ。
金ピカも、低迷を続けている本土株のてこ入れのために、何かしら当局が手を打つと思うけどなぁ~
ある程度本土株を上昇させて軌道に乗せた後、直通車の実施に踏み切るんじゃないかなぁ~。
まぁ、勝手な想像ですけど・・・。

それより、金価格が凄いことになってますねぇ~。
とうとう970ドル超えかぁ~。

三菱マテリアルからのメールに書かれていたのだが、あのカルバースが「商品」セクターの資産配分を、4.5億ドル(2007年)から2010年にかけて72億ドルへ、何と16倍に引き上げることを決定したらしい。
もうこうなると、1000ドル超えは時間の問題やろなぁ~。

紫金鉱業、期待してまっせ!

スポンサーサイト

[2008/02/29 18:51] 中国株 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2899.blog69.fc2.com/tb.php/413-9885f258












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。