スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

激しすぎるなぁ~。 

20日の米国株式市場は、注目されたFOMC議事録で、低金利持続が確認されたことで買い安心感が広がり、NYダウは90ドル高と4日ぶりに反発。
これを受けて、香港株は前場は買いが膨らんだが、後場に入ると本土株の続落が嫌気され上げ幅が縮小し、結局ハンセン指数は32P高、H株指数は9P高で終了。
金ピカの持ち株は、0656 復星国際 1.09%ダウン、2628 中国人寿保険 0.33%アップ、2899 紫金鉱業 2.82%アップ。

本土株のほうは、当局が金融引き締め策を強化するとの見方から売りが広がり、上海総合指数は0.87%ダウン。
う~ん、香港株はまだまだかなぁ~。
売買代金にしても、約754億HKDと低調だし・・・。

うわぁ~、0245 七星購物 12.07%ダウンか~。
値動きが激しすぎるなぁ~。
でも、これもまた魅力ですよね。
このままズルズル下げなければいいのですが・・・。
スポンサーサイト

[2008/02/21 19:45] 中国株 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2899.blog69.fc2.com/tb.php/407-66de518e












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。